FC2ブログ


第174話 羞恥心

Category: SM  

平成29年3月19日 晴れ
出会いと別れの季節、春・・・
そんな春に聴きたい曲、あなたの好きな春うたは?

福山雅治「桜坂」などたくさんの歌がありますが童謡もいろいろな歌があります。
自分が好きな童謡は、早春賦、どこかで春が、朧月夜 おぼろづきよ、春の小川などです。
童謡を口ずさめば子供のころに帰った感じがしますよね・・・(笑)

DVDも15作ができてしまいました。(苦笑) 女性たちに更にプレゼントしょうかなぁ~なんて
今編集中なのです。内容は第3弾のHITOMIちゃんが違った吊り画像や玩具で逝くシーンです。
今回の動画は前回より会話が生々しいので置き換えて楽しめそうです。(笑)


◆ 羞恥心
羞恥心(しゅうちしん)は、自らを恥ずかしいと感じる心。
羞恥心は、自我や自尊心の延長にある概念で、恥となる行動をしてしまった場合に感じるものなのです。

これらでは、社会規範への適応といった行動を促すのですが、その一方で過度に感じる場合には、
行動の萎縮などといった問題を生むことも。
無さ過ぎても害があるし、有り過ぎても困ったりします。

羞恥心を利用したプレイに羞恥プレイがあります。
羞恥プレイとは、一般的なセックスやSMプレイなどの一環として行われる性的プレイです。
性的興奮を高めるためにパートナーの羞恥心を煽る行為が羞恥プレイです。

通常のセックスでは言葉による羞恥心の扇情が言葉責めとして羞恥プレイの一種にあたります。照明を消して行なうのが一般的な性行為の最中にパートナーがいかに性的に興奮しているかを言葉で表現することで、自覚している身体の変化以上にパートナーに性的な興奮をあたえるのです。

SMプレイにおいてはサディストがパートナーのマゾヒストを責める方法として特に羞恥心を煽る行為を強要することを概して羞恥プレイと呼び。ただしこの場合パートナーを性的に興奮させることが目的なので人格を貶めるような行為はプレイそのものをしらけさせてしまうこともあります。物理的、または視覚的な行為をともなわないものも存在するようです。

多用されるプレイとしては以下のようなものがあります。

衣服に関するプレイ 下着を着用させずに(ノーパン・ノーブラ)、しかもそれとわかる状況で人前に出す。
衣服を着用させずに人前、もしくは他人に見られる可能性のある場所へ連れ出す(露出プレイ)。
年齢に見合わない格好をさせる(熟女にセーラー服を着せるなど)。
羞恥心の強いパートナーに露出度の高い衣服を着せる。
男性に、ランジェリー、スカートなど女物の服を着せる。化粧をし女性的なしぐさや言葉づかいを強要する(強制女装)。

性的な羞恥心を煽るプレイ 他人の前でSM的な服従を強要する。
パートナー以外との性行為を強要する。
衆人環視の中での性的な行為を行う。
貞操帯を着用させる。
パートナーの陰毛を剃毛し、パイパンの状態にする(剃毛プレイ)。

物理的な羞恥を感じさせるプレイ 猿轡をして涎を垂らさせる。
鼻フックをかけて外見を損なう。
排泄を我慢させ漏らさせる。
浣腸を施し衆人環視の排泄を強要する。
手錠、首輪などを着用させる。
相手を緊縛する。


DSC05731.jpg
DSC05721.jpg
DSC05734.jpg

 2017_03_19

第173話 楽園

Category: SM  

平成29年3月18日 晴れ
今日から3連休の人もいればそうでない人もいますから世の中不公平なことが多くあります。
暑さ寒さも彼岸までと言うことわざがあります。もうそんな季節ですね・・・


◆ 楽園
楽園とは英語ではパラダイス・・・
楽園 は 神話 に 過ぎ ない,と 考える 人 たち も い ます。楽園 は 庭園 の よう な 理想郷 で あり,良い 人々 が そこで 永遠 に 生き て 喜び の 多い 実り ある 活動 に 加わる,と 信じる 人 たち も い ます。

楽園とは 悩みや苦しみのない,幸福に満ちた場所
深い信頼で結ばれた二人の時空間は正にパラダイス・・・人生の楽園なのです。

短い人生の中でこの楽園を経験できる人は多くはいません。
経験出来る、出来ないの差はたった一つ、勇気だけです。


DSC05870.jpg
P1130786.jpg
P1130785.jpg

 2017_03_18

第172話 半年

Category: SM  

平成29年3月17日 晴れ
今日も良く晴れて春を感じる1日になりそうです。
昨日掲載した狸の画像NHKに投稿したら夕方7時まえの地域放送で放送されました。(笑)

◆ 半年
ブログを再開して今日で半年になります。
半年前まで全く再開しようとは考えていませんでしたが、ちょっとした事が切っ掛けで再開しました。

その切っ掛けの事は最初のころのブログに載せているので知ってる人もいますよね・・・
2~3ヶ月くらいの軽い気持ちで始めたブログですが気が付けば半年を迎えてしまいました。(苦笑)

毎日のようにブログを続けるって簡単そうですが、結構大変なんです。
他のブログを見たら良く分かると思いますが、毎日のように更新してる所は余りありません。

1番大変なのは載せる文章です。これが1番のネックです。
では、少し更新間隔を空けたらと思う人もいそうですが、自分の性格なのか(笑)つい毎日になります。

Sに目覚めMに目覚めた人達は、いろんなサイトを見る機会があります。自分の目指すSMは文章を通じて伝えていますが、
読んだ人たちが少しでも役に立ったり、踏み出す切っ掛けの勇気の手伝いが出来てたら嬉しいです。


拙いブログですが多くの訪問ありがとうございます。そして日々のコメントも感謝です。
でも何時かは終わりが来ます。その日がいつになるか分かりません・・・(笑)
突然消えるようにはしたくないので前もってお知らせしたいと思っていますが、もう少し頑張ってみますのでよろしく・・・


DSC05704.jpg
DSC05708.jpg
DSC05713.jpg

 2017_03_17


平成29年3月16日 晴れ
今朝は少し寒いですが良く晴れていますから日中は暖かい1日になりそうです。
昨日は風が冷たい1日でしたが庭先に狸がひょっこり顔を出しました。(笑)

最初は猫かな??と思ってたのですが、よく見ると・・・むむ~何か違うと感じたのでよく見ると
何と狸ではありませんか。こんなことは初めてです。この場所に数十年住んでますが初めて見ました。

我が家は住宅密集地で近くに山はありません。この狸人間をあまり怖がらずに中々逃げないのです。
そこでカメラを取りに行き撮影に成功しました。これです。!!
P1140496.jpg
今日地域放送のNHKに画像投稿しようかなぁ~と思っています。以前1度投稿して放映されたことがあります。


◆ 主従関係とは
Mの気持ちをどれだけ理解してあげれるかが1番の鍵となります。

SMの主従関係とは、対等な関係を意味します。
オラオラ言ってるS男君や、女王様と御呼びとか言っちゃってるS女ちゃんに小者が多いのは、
この部分が欠落してるからだと思います。

SはMに慕われなければ何も出来ないのです。

慕わせるのが調教であって、暴力で言うことを聞かせるのはただのイジメです。

小さなプライドは捨てて大きな物を手に入れなさい、自分の弱い部分を認めてMに受け止めて貰いなさい、(笑)
とちょっと偉そうに言ってみました。(笑)


P1130668.jpg
P1130666.jpg
P1130676.jpg


 2017_03_16


平成29年3月15日 曇り
夜明けも随分早くなってきました。6時ころには薄明るくなるようになってきて早咲きの桜も満開を迎えてきました。
レンゲ草も咲いてるところもあり少しずつ春の景色に模様替えが味わえるようになりました。



◆ 未知への高み
今回プレゼントのDVDを見て興奮度が高まった人も居るみたいですが、・・・(笑)
人間は五感のひとつ視覚(見て)興奮をします。男も女も

女性は相手がいない人は画像の女性たちに自分を置き換えて妄想しながら自分を慰める人が多くいます。
今回の感想メールでも何人もいましたが、何にか可哀そう・・・だなぁ~と脳裏をかすめました。

プレイ相手がいないから仕方がありませんが、実際でのプレイでの気持ち良さは比較できない数倍の差があります。
SMプレイで逝かされた女性たちの感想を聞くと、今まで経験した事がないほど気持ちが良かったと言います。
1度味わえばノーマルの世界では物足りなくイケなくなってしまうのです。

しかし女性なら誰でも同じかと言うと違うのです。
Mに目覚めた人でないと未知への興奮は味わえません。そこが一般の女性たちと違うところなのです。

人は性への高みを経験すると更なる高みを見たくなります。男も女も同じです。
もっと、もっと気持ち良さを経験したい欲望は生きてる内は無くならないでしょう。
それが生きてる証なんでしょうね・・・


DSC05497(1).jpg
DSC05512.jpg
DSC05485.jpg

 2017_03_15

02  « 2017_03 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

ケンシロウ

Author:ケンシロウ
気が付けば世間からは高齢者と言われる年齢になりましたが精力は衰えても性癖は薄れる事も無くまだまだ元気な爺さんのブログです。

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム

FC2カウンター

追加カウンター01

現在の閲覧者数:

検索フォーム

http://1947732.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム


B
A
C
K

T
O

T
O
P