FC2ブログ



平成29年8月14日 曇り
今日はどんよりとした曇りの朝です。雨の予報がでています。朝晩は秋の気配が感じられるようになってきました。
お盆を故郷で過ごす人もいれば、旅行してる人もいるでしょう・・・

昭和30年代の自分が修学旅行に行く頃は一人一人お米を持参しなくてはいけなかったのです。
このころは食料事情が良くなくて旅館にお米が無い時代です。ですから各自が持ち込んでそれを炊きだしていたのです。
今のお米余りの時代では嘘みたいな話ですよね・・・(苦笑)

現代の人達は配給制度も知らないでしょう・・・主食が1941年4月1日から6大都市で配給制度となり,成人男子1名1日2合3勺(330g)と決められたのを皮切りに,副食,酒,マッチ,煙草,木炭,衣料などの生活必需品が配給制となった。〈ぜいたくは敵だ〉〈欲しがりません勝つまでは〉などの標語がつくられ,国民は政府の言うままに耐乏生活を強いられた。…

1981年(昭和56年)6月11日の食糧管理法の改正により廃止されたのですが、何と40年の長きにわたったのです。
今は美味しいものが溢れてる時代ですが、世界のどこかで争いが起きて飢えている人がたくさんいます。
争いのない世界にはいつになったらくるのでしょうか・・・



◆ 手枷足枷
手足を不自由にするもので、本来は罰や刑に使う刑具として使用するもの。

SMの世界では服従、支配という主従関係という規律の元プレイする事もあるので、しばしば奴隷としての認識をさせる為に全裸での手枷足枷を正装とする主もいたりします。

一見見分けにくいのですが手枷と足枷はそれぞれサイズが異なります。
足枷は手枷よりも約数センチ長いので、使用する前は実際に並べて判断できるようにしておきます。

足や手に装着し、ベルトのようになった穴があるのでそちらに留め金を差し込めば完成です。だいたいの枷は連結できるように作られているので足枷同士で繋げても良いですし、手枷を足枷を両手足とも繋げば強制M字開脚も簡単にできます。

枷やテープなどで拘束したら跡が残らないので縄よりは手軽に拘束プレイを楽しめます。



DSC00833.jpg
DSC00836.jpg
DSC00841.jpg
DSC00848.jpg
DSC00853.jpg


 2017_08_14


平成29年8月13日 晴れ
今朝は少しひんやりとした朝です。夜にはコオロギも盛んに鳴きだしお盆近くなると秋の気配も感じます。
空を見ればうろこ雲が見えます。今日は叔母の初盆に行きます。叔母には男の子がいなかったせいか良く可愛がってくれました。
今年は友人も含め3人の初盆です。寂しさが募る今年のお盆入りです。



◆ スパンキング
あなたはお尻を叩かれるのは嫌いですか?好きですか?(笑)
スパンキングの意味とは

スパンキングとは体罰で行う場合やSMやセックスでのプレイとして行う事があります。
元々は欧米で行われている体罰行為で長い定規で叩いたり、小さい子供への躾や罰としてお尻をむき出しにして平手打ちで叩くという伝統があったりします。

一方、性的嗜好としてスパンキングされる事で興奮してしまうなどもある事から、SMプレイで行う事が現代では多くあります。
スパンキング=お尻叩き(お尻ペンペン)というイメージですね。
使う道具によって実は用語が違うんですよ。

スリッパを使って叩く場合はスリッパリングといったりとしますが、だいたいスパンキングがお尻を叩く総称みたいに今では使用されています。
スパンキングされたい願望を持っている女性も少なくなく、スパンキングサイトがあったり、パートナーを募る人もいるほどです。

お尻を叩かれることで被虐感を感じて興奮する事から、セックスのバック体位でスパンキングされることが好きという女性も多くいます。
ただし、スパンキングされたい女性の多くは本気で叩かれたい訳ではなく、あくまで興奮するレベルでの力加減が必要です(音は鳴るけど激痛が走らない程度)

SMではスパンキングと言えばお仕置きとしてされる行為です。
何か命令や指示を受けてその行為が出来なかった場合や約束などが守る事ができなかった場合にスパンキングやロウソク、鞭などを使って罰を与えたりというのがあります。

自分はほとんどスパンキングはしませんが、まあ、お互い満足すればそれでよしではないでしょうか?(笑)



DSC00984.jpg
DSC00985.jpg
DSC00986.jpg
DSC01213.jpg
DSC01209.jpg
DSC01217.jpg
DSC01219.jpg



 2017_08_13

第315話 SM願望

Category: SM  

平成29年8月12日 晴れ
久しぶりに晴れ間の見える朝です。TVを見ると帰省ラッシュのニュースが放映されています。
自分はほとんど列車や飛行機を使った帰省は経験がありません。
凄く大変そうですね。再開と別れのひと時です。



◆ SM願望
縛られたり、拘束された画像を見るとドキドキしてしまう、濡れてしまう・・私は変態じゃないのかしら・・・(笑)
なんて思う人は結構います。

アニメや写真など映像からそのようなSMプレイを見た時に、とても興奮してしまうという経験があるとMの女性たちです。

きっかけはともあれ、あなたがそんないやらしい写真や行為を見てドキドキしてしまったのなら、きっと90%以上の確率でマゾ気質である事は間違いないでしょう。

SMプレイについて願望のある女性は、実はかなり多くいます。
SMと言っても、よりソフトなプレイですね。

特に拘束プレイの願望や3Pと言った、自分の自由を奪われ責められる、複数の男性が自分の体を責めたてるような願望や妄想などする傾向があるものです。
多くの女性がSMに興味や願望、妄想はするのに実際に経験した事がある人が少ないのではなぜでしょうか?

それはSM=痛い、汚い プレイなどもされるかもしれない。という不安や恐怖があるからなんですよね。

そういう偏見が起きてしまうのは、SMプレイを行う男性に問題がある場合が多いのです。
SMの世界は確かに広く深いものです。

あなたがSMプレイについて、願望から欲望に変わるときは遅かれは早かれやってきます。
それが彼氏なのか、旦那さんなのか、セックスパートナーか分かりません。

でも、大事なのができるだけ早いうちに(若いうちに)SMを経験する事です。
あなたがMであることを自覚しているのに、ノーマルセックスを続けていくと、いつしか性が満たされない時期がやってきます。

そしてその時期が来ても時だけが過ぎていきSMへの欲求が爆発していきます。
あなたが早い段階でMを開花させ、SMセックスを体験することで正しいS男性の見分け方や、興奮できるプレイが何なのかが分かってきます。

SM願望のあるあなたは、いつしかノーマルセックスでは物足りず、アブノーマルプレイの欲求に駆られていきます。
また、SM経験が少ないならば、未熟なS男性と関わりを持ち、SMプレイがトラウマになる可能性もあります。
そのような事もあり、早くあなたのM性を開発し本当の興奮と快楽とは何かを気づくべきだと思っています。



DSC00795.jpg
DSC00804.jpg
DSC00805.jpg
DSC00812.jpg


 2017_08_12

第314話 雲の上

Category: SM  

平成29年8月11日 曇り
今日は山の日、お盆休みを含めて1週間ほど休みの人も多くいそうです。
自分が山で感じるのは子供の頃アケビ取りや、キノコ採り、メジロ取りなどが思い出されます。
昔は今とは違いメジロは多くの人達が飼っていました。今は知事の許可を受けないと飼うことができません。

以前はは庭先で見かけたのですが数年くらい前から見かけなくなりました。良く来るのはヒヨドリが1番多くて悪さをするので厄介者です。最近はカラスが毎日のように来ます。イチジクの実を食べに来るのです。学習したのでしょう・・(苦笑)困ったものです。



◆ 雲の上
自分はSMプレイが好きな事から、今までSMでの出会いを中心に多くのM女性と関わってきました。
そんな中でSMには興味あるけど、一歩がなかなか踏み出せないという人がたくさんいるという現実を見てきています。

性癖がMである以上、M性が覚醒した時の興奮と快楽を知らないなんて本当にもったいない。
自分は本気でそう思っています。

そうは言っても、M性もひとそれぞれです。
ただ気持ち良い事がされたい受け身の女性、我慢させられることに興奮する女性、恥ずかしい事に興奮してしまう女性など様々です。

ただ、あなたが自分のサイト「新北斗七星」を見つけた以上、M気質であることは間違いないでしょう。
SMプレイには色々な要素が興奮のスパイスが含まれています。

恥じらい、焦らし、強制、拘束、お仕置き・・・・
あなたがどんな行為に興奮するのか、それは人それぞれ違います。

もし自分の嗜好にあったプレイならまるで雲の上を漂う感覚になれるのです。それはあなた次第・・・(笑)



DSC01091.jpg
DSC01110.jpg
DSC01111.jpg
DSC01112.jpg


 2017_08_11


平成29年8月10日 雨
今日は早くからまばゆいばかりの閃光と地響きする雷鳴で目覚めました。うす暗い朝です。
雷が鳴ると子供のころを思い出すことがあります。

自分たちが住んでた田舎の町は戦後を過ぎて今とは違い貧しい家庭が多かったのです。
我が家の2軒隣にぐうだら息子を抱えた老夫婦が住んでいました。自分所も貧しい暮らしでしたが、
老夫婦の家は更に貧しい暮らしをしてたのです。良く米、味噌、醤油とか食材を借りに来ていたのを覚えています。

老夫婦の父親は近所では有名な頑固一徹でいわゆる「肥後もっこす」でしたが自分の母親だけには心を開いていました。
その頑固一徹でしたが、唯一雷だけは苦手だったのです。雷が鳴りだすと下駄作りの仕事も辞めて、カヤを貼り、頭から布団を被り雷が収まるのを待つていました。(笑)雷が鳴ると時々昔のことを思い出します。



◆ ハイジニーナ
最近、デリケートゾーンのお手入れが当たり前になってきて「ハイジニーナ」に関心を持つ女性が増えています。モデルや芸能人にも注目される美容トレンドです。そもそもハイジニーナとはどんな意味か、VIO脱毛と何が違うのでしょうか?

ハイジニーナとは、アンダーヘアを全て処理して、全くの無毛状態(パイパン)にすることです。ハイジーン(hygiene:衛生)を語源に作られた造語で、海外セレブや女優など、世の女性が憧れているファッションリーダーたちがハイジニーナに挑戦したことで、雑誌やメディアで話題になり、一般的に知られるようになりました。

アンダーヘアは下着に隠れている部分のため人目につきにくく、ケアが後回しにされがちです。その反面で、蒸れやかぶれなどトラブルを生じやすいデリケートな部分とされています。生理ときにアンダーヘアが気になったことは、1度はあるのではないでしょうか。
いつでもすぐ下着を替えられればいいのですが、会議中や授業中などなかなかそうはいかないシーンも多いものです。やむをえず汚れを放置することになりますが、そうなると心配なのが衛生面です。そこで注目されたのが、アンダーヘアをなくすハイジニーナです。最近では身だしなみの1つとして一般的になりつつあります。
DSC05812.jpg




DSC01265.jpg
DSC01269.jpg
DSC01289.jpg
DSC01293.jpg
DSC01295.jpg


 2017_08_10

07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ケンシロウ

Author:ケンシロウ
気が付けば世間からは高齢者と言われる年齢になりましたが精力は衰えても性癖は薄れる事も無くまだまだ元気な爺さんのブログです。

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム

FC2カウンター

追加カウンター01

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
793位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

http://1947732.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム


B
A
C
K

T
O

T
O
P