FC2ブログ



平成29年5月20日 快晴
今日も朝早くから日差しがまばゆい朝です。昨日は30度近い気温で暑かったですが、
日陰に入れば湿度も低くて爽やかで蒸し暑さを感じないので凄く良いです。

若葉の季節到来で木々の緑色が鮮やかに見えます。緑色は目にも優しく気持ちを落ち着かせる効果があります。
我々が学んだ真っ黒だった学校の黒板も今は緑色に変わっていますよね。
あと1ヶ月余りで早くも夏至になります。蒸し暑くてセミの鳴き声がうるさい夏がそこまでやってきました。



◆ 妻の性欲
今日のテーマはSEXレスです。心当たりがある人は多くいそうです。(笑)
長寿の時代、いかに性の営みを続け、パートナーとの愛をはぐくめばよいかという点で悩んでいる人は多くいます。
つい先日もNHKのクローズアップ現代で熟年の性についての放送がありました。
女性は30代後半になってくると子供も成長し、落ち着いて自分の身体に向き合う時期になります。

子育て中はがむしゃらに家族のために生きてきたが、子供の手が離れた時に「もしかしてセックスレス?と気づき、不安になった」「やっと自分の時間が持てるようになったら、長い間、夫を“父親”としてしか見ていないことに気付いた」「産後、夫の誘いを断っていたら、いつのまにか誘われなくなっていた」というような人は少なくありません。

そんな不安を抱えながら40代を迎え、今度はこの世代特有の更年期障害や、身体の乾きに直面するようになります。ひさしぶりにパートナーに誘われても、その気になれない、痛みを感じて集中できない、夫の自己中心的な動きにあきれる、という寝室事情の不協和音が出てきます。

一方、年齢を重ねてから性欲が高まり、疲れている夫の淡泊なセックスでは満足できないという対極の方々も出てきて、こんな時期に更にM度が増す人が多くいます。まさに二極化する中高年女性の性なのです。

40代からの性との向き合い方
メディア等では、「美魔女」という言葉が飛び交い、年を重ねても若く見える妻になろうと元気づけてくれますが、体力や容貌が衰えているのを一番わかっているのは女性自身です。

最近、肌がかさかさで、白髪も出てきて、「ああ、おばちゃんになってきた……」と思い始めているときにパートナーから「中年太りか?」というたぐいの言葉をかけられたり、ベッドで無視されたりすると益々自信がなくなります。

そしてこのまま閉経してしまうともう女性としては終わりなんだ、という間違った焦燥感すら出てきます。
パートナーに一生、女性として愛されたいという切なる想いと、誘われてもボディラインや性の機能に自信がないという想いが錯綜する40代、50代女性たち。そんな人に言えない悩みを抱えながら、晩年への性と向き合う事のむずかしさを感じるのです。

私の人生にセックスは必要、という人は80%
「よいセックスをしている女性は年齢を重ねると、性感度は高まり、性欲は強くなる」と言う調査結果があります。
ずばり、「人生にセックス、または性的な快感は必要ですか」というストレートな問いかけに「YES必要」と答えた方は80.0%。そうです。容貌や身体は衰えていきますが、性の重要さに関しては意識している女性が圧倒的に多いのです。

そして注目を集めるセックスレス問題。「夫、パートナーとのセックスレス」に関してはセックスレス 1~10年が22.7%。11年以上は14.3%。合計37%。とはいえ、日本性科学会の定義にあてはめると49.8%になります(注釈:日本性科学会の定義は1ヶ月性交渉がないこと)。

厚生労働省の2011年度調査年結果は調査年齢層が16-49歳で、セックスレス夫婦は40.8%です。いずれも4割超えですが、セックスレスだからよいとか悪いとかを評価するものではありません。大事なのは、妻と夫がそのことをいかにとらえているかという点です。

「産後は性欲がなくなり、お誘いを一度断ってから十年間セックスレス、別にしたくないから楽でいい」「気持ちよくないし、めんどくさいからしなくていい」という人もいれば、「40代になって、まわりのママ友がまだセックスしてると聞いて焦った。実は私も性欲があるのに」という人もいます。

熟年になってこそ性欲が高まる妻もいることに気づいて!
性欲の強弱は、過去のその方の性遍歴、自己開発に連動すると考えています。からだと心の性的開花は、
その人次第ということです。

どんな男性と付き合いするか、結婚するかも関わりますが、結果、各個人が選んだパートナーという見方をすると女性の性の欲求は生き方によって二極化するのです。よって、男性方にはご自分のパートナーが、性を封印してしまったタイプか開花して性欲が高まってきたタイプかをよく理解し、向き合って欲しいのです。

あふれくる性欲を満たして欲しい妻に対して「俺、疲れてるから無理」と言って背中を向けて寝てしまうこともまた“罪”になりますが殆どの男性は経験してますよね。(笑)この行為女性は凄く腹が立つみたいで、2度と営みをさせないと思うのだそうです。

夫婦で寝室事情に関して語り合うことは少ない我が国ですがセックスレス問題がこれだけ話題にあがる時代ですので、まじめに夫婦間の話題として取り組んでみてください。



DSC00539.jpg
DSC00546.jpg
DSC00553.jpg
DSC00559.jpg
DSC09283.jpg
DSC09280.jpg
DSC09278.jpg
DSC09198.jpg
DSC09201.jpg
DSC09203.jpg



 2017_05_20

第234話 愛欲

Category: SM  

平成29年5月19日 快晴
今日も朝から良く晴れた朝です。天気が安定してきた感じがします。



◆ 愛欲
愛欲の世界とは?

 愛欲の心はマイナスの世界。

相手に与えた分だけ自分がプラスにならないと気が済まない世界。

自分が愛した分だけ相手も同じように愛して欲しいと思う心。

自分が尽くした分だけ自分以上に相手に尽くして欲しいと思う心。

相手に対して自分以上に相手に強く愛情を求める事は見返りを待つこと。

強制をしてしまうことは、相手がどう思うという事よりあなた自身が相手を愛していないことになります。

自分が一生懸命に相手を思い相手はそれに答えて欲しいという想いの世界。

なぜなら相手がそれに答え無い時は気が狂うように怒り憎しみがわき始めるのです。



DSC00639.jpg
DSC00636.jpg
DSC00632.jpg

 2017_05_19

第233話 恋

Category: SM  

平成29年5月18日 快晴
今日も朝から日差しがまばゆいです。少しヒンヤリした感じの朝です
昨日のつぶやきを見てブログを閉じると思った人もいたようですが、直ぐは閉じませんよ・・・(苦笑)
閉じる時は前もってお知らせしたいと思っています。何とか最低でも1年は頑張りたいです。

DVDプレゼン企画をしてから、女性からのメールも来るようになってきました。

より多くのM女性たちが見てくれるブログを目指して始めたブログなので、
結構多くの女性達が見ているのが分かってとても嬉しく思いました。

殆どの女性はMに目覚めていても踏み出す勇気を封印してる人が多くいます。
そうゆう人たちの心の支えになれるブログに少しでも近づけられたら嬉しいです。



◆ 恋
世界中で、人々は恋をし、恋に歌い、恋に踊ります。愛の詩や物語を書き、恋の神話や伝説を語ります。恋に焦がれ 恋の為に生き、人を殺し、死ぬことさえも厭いません。

ウォルト・ホイットマンの言葉 「君のためなら全てを賭けてもいい」に代表されるように、人類学者は、全世界170ヶ国にてロマンティックな恋が存在したことを発見しました。つまり、恋が存在しない社会はないと言えるのです。

ただし、恋は常に幸せをもたらすものではありません。ある大学生が、研究で恋に関する質問を数多くしました。

その中で印象に残った2つが「愛する人に振られた事がありますか?」、
もう1つが「自分を愛する人を振った事がありますか?」という質問であり、

その質問に対し、約95%の男女が両方に「はい」と答えています。
つまり、恋はほぼ実らないものだということです。



DSC09969.jpg
DSC09972.jpg
DSC09970.jpg

 2017_05_18


平成29年5月17日 晴れ
今朝は澄み切った青空です。昨日は日差しがなくて肌寒い1日でした。
今日でブログを再開して8ヶ月になりました。過ぎてしまえば早い感じがします。

最初のブログは約8年前の「夢縛り七夜星」です。知ってる人もいますが知らない人もいるでしょう・・・(苦笑)
2度目が「北斗七星」ですが約2年ほど前に閉じました。

三度目に再開したのが「新北斗七星」です。いつまでやれるか分かりません。
頃合いを感じるまで頑張るつもりですが。(笑)4度目はしません。今回のブログで最後にします。
少しは見る人に役に立ってたら嬉しいです。



◆ 底なし沼
M=欲求の底なし沼、と思っています。
単純に知的好奇心がハンパない変態だということもSMを愛好する理由ですが、
人づきあいが苦手で社会生活において異常に打たれ弱いところもマゾヒズムの根源になっています。

自分はダメ人間だと思う気持ちは、往々にして、他人に支配されたい、罰を与えてもらいたい、
という欲求に繋がります。SMを通じて痛い思いをすることで、そのような自罰欲求が満足させられます。

またSMプレイにおいて無茶な要求を無事にこなせた時にSの人から褒めてもらえるというのは、
子供がテストで100点を取って親にほめてもらうのと同じような幸せを感じることができるのです。

もっと気持ちよくなりたい、と相手を求めるのも、たくさん逝けば相手に褒めてもらえるから。
これは他のマゾの人にも大いに当てはまるのではないでしょうか。??

もしこれを読まれているあなたがM気質の人をパートナーに持っているのであれば、
パートナーさんをたくさん褒めてあげて下さい。

マゾヒズム=底なしに肉体的快楽を追求する、というだけでなく、
=底なしにあなたの愛情を求めている、という可能性も大いにあるのです。

DSC01821.jpg
DSC01818.jpg
DSC01809.jpg
DSC01812.jpg

 2017_05_17

第231話 主導権

Category: SM  

平成29年5月16日 曇り
5月も早くも半分が過ぎました。少し肌寒い朝ですが自分的には心地良い感じです。
夜明けも随分早くなり、5時前には明るくなってきて目覚めも早く6時前には起床する毎日です。



◆ 主導権
SMで主導権を持ってるのはSであるご主人様だと思ってる人がほとんどでしょう。
実は個人的には主導権はM側の女性が持っていると思っています。(笑)

何故だと思いますか・・・?
SMプレイの中では責める側のSが主導権は持っています。
しかし、それは相手がいてのことで、責めることができるMがいないと一人相撲になります。

つまり、Sがどんなに威張って何だかんだ言ってもM女が逢ってくれなければ何にもできないのです。
M女がお慕いできるご主人様であるうちは主従関係は上手くいくでしょう・・・
しかし、違和感が出来たり、飽きられたりすると逢えなくなることも多々あります。

ですから、Mの女性に逃げられたらSは手立てがありませんから主導権はM女性にあると思います。
男女間の恋愛での駆け引きで、キーとなる「価値」は基本的に女性が持っています。

このキーを常に女性が持っているということは、主導権は常に女性にあるのです。
男性心理を知らない女性は、自分がキーを持っていることに気づいていません。

自分が持っていることに気づいていないので、いつも相手の動向を気にしているのです。



DSC03480.jpg
DSC03476.jpg
DSC03473.jpg
DSC03463.jpg
DSC03459.jpg
DSC03458.jpg

 2017_05_16

04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ケンシロウ

Author:ケンシロウ
気が付けば世間からは高齢者と言われる年齢になりましたが精力は衰えても性癖は薄れる事も無くまだまだ元気な爺さんのブログです。

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム

FC2カウンター

追加カウンター01

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
19位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

http://1947732.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム


B
A
C
K

T
O

T
O
P