FC2ブログ

2 Comments
◆高手後手しばり。その2
高手後手しばりはやってみると分かるのですがとても難しい縛りのひとつです。
後ろ手の手首の位置が丁度胸回りの縄を止める位置に近く縄の取り回しがやりにくいのです。

普通後ろ手しばりの場合は、まず手首をしばり胸回りに縄を持って行くのが普通なのですが、これだと高手に持って行くのが難しく縛られる側が高手の位置を保持してれば別ですが、重力の法則で手首は下へ下がります。

そこで、自分は手首を縛ったら肩へ持って行き首の前を斜めから脇の下へ、そして後ろ側から背中を回して反対側の脇から首前をクロスしながら肩から手首にいく縛りをします。これだと手首が下がりません。試してみてください。

高手後手は誰でも出来そうですが意外とできる人は多くはいません。まず太ってる人は出来ない人が多いです。
スレンダーな人でもダメな人もいます。肩付近の関節が柔軟な人でないと高手に縛ることはできません。

隣国中国の高手後手しばりは日本とは少し縛り方が違いますよね・・・個人的には縛り全体から見て日本的縛りのほうが断然上だと思います。文化や感性の違いからでしょう。。。

後手高手小手は近代的日本式緊縛術の最も中心となる縛りで、各緊縛師がそれぞれの工夫を凝らして、いろいろな独自の型を開発しているのです。したがって、共通した後手高手小手の縛り方手順は存在しないのが実情なのです。

この縛りは長時間縛ると肩甲骨周りが痛くなる人もいますから良く観察して早めに解いてあげましょう。
そして、手首を解くときは優しく手を添えてゆっくり下に下げてやる優しさも必要です。

皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

DSCN2725.jpg
IMG_2969.jpg
IMG_3417.jpg
IMG_3728.jpg
IMG_3750.jpg
IMG_3280.jpg
IMG_2927.jpg

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ケンシロウ
Posted byケンシロウ

Comments 2

There are no comments yet.
milky  

高手小手大好きです^^

2016/11/10 (Thu) 22:58 | EDIT | REPLY |   
空海  

おはようございます。

見るからに厳しい縛りですね。
自分が縛られる側だったら 絶対に無理ですww
縛る側も 十分に注意しないとですね。
縛り全般に言えることではあると思いますが。。。。

2016/11/10 (Thu) 08:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply