FC2ブログ


第48話 胡坐縛り

Category: SM  

平成28年11月6日 晴れ
11月最初の日曜日です。秋も少し深まってきていろんな作物の収穫が行われていますが、我が家は今年は何もありません。(笑)
昨年までサツマイモを空き地の一角に植えていましたが、形も悪く虫が入ったような出来で上手く出来ませんでした。
サツマイモなら簡単だろうと高を括っていましたが、何を作るにしろ簡単にできるものはありませんね・・・(苦笑)

今の時期は、さやえんどうの種まきをしないといけないのですが、連作が出来ないのです。
連作とは同じ場所に植え付けが出来ないのです。作物を作り出して初めて知りました。(笑)
昨年まで何とか場所を替えて植えていましたが今年はどの場所に植えるか悩み中です。このさやえんどうはさやまで食べれて僕の大好物です。(*^^)v


◆胡坐縛り
胡座縛り(あぐらしばり)とは数ある緊縛方式のなかでもトップクラスに拘束性の高い縛り方になります。ほとんど……というよりはまったく身動きが取れなくなる縛り方になりますので、動けない状態で責めるときには最適な縛り方といえるでしょう。

また良く似た縛りにエビ責めがあります。エビ縛りは胡坐縛りより足と胸が付くような縛りで余程体が柔軟でないと出来ないしばりで、自分は本格的なエビ縛りはしたことがありません。昔は拷問に使われてて映画やビデオで目にした人もいますよね・・・

ただ、その拘束性の高さゆえに長時間の拘束には不向きです。強制的に前傾姿勢にさせられたまま、腰や首などを動かすことも出来ないため関節部分を痛めやすいです。長くても30分くらいを目安に、あとは縛られた女性側の状況を見て解きましょう。

簡単にいってしまえば両足首を固定した縄を首の後ろに回し、その縄を後ろ手縛りに絡ませてさらに固定する、といった縛り方になります。一度自分で軽く縛ってみるとわかります。この縛り方をされるとほんとうに身動きが取れなくなりますが直に首のうしろに縄を掛けるのはNGです。首を痛めますから・・・

また、足側の固定は両足首だけでなく、フトモモも巻き込んだM字開脚風の縛り方をすることでさらなる拘束感を与えることも出来ますが、そのぶん負担も大きくなりますので短時間の緊縛にするようにしてください。

脚を閉じているのに性器が丸見え……というのはより羞恥心を煽り、屈辱感を覚えるそうです。
あぐら縛りはそのままあぐらをかかせたように普通に座らせていてもあまり面白みがないため、仰向けにしたりひっくり返したりしてより辱めを煽る用に使われることが多いからです。

また、非常に挿入がしやすい縛り方としても有名です。横に転がしたり、うつ伏せにさせたりすることで実に挿入しやすい角度で性器があらわになりますので、緊縛以上の負担を与えることなくスムーズに挿入することが出来るため、男性側から人気の縛り方となっています。

単純に乳首やクリトリスなどを責めるのにも向いています。何しろ相手はまったく身動きが取れず、抵抗が出来ませんのでされるがままです。

DSC09953.jpg
DSC09583.jpg
DSC09432.jpg
DSC09267.jpg
DSC09144.jpg
DSC08964.jpg
DSC08889.jpg
DSC06789.jpg

model  HITOMI
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


 2016_11_06

Comments

電マを! 

そうね、、、胡坐縛りをされてしまったら、電マを使われて、貫かれて、って当然かも。
縛ってすぐに許してくれるはずもなく

でも、彼女、いかされてないのでは?
肌がそんな感じ。
Mrs.PIE  URL   2016-11-08 07:26  

 管理者にだけ表示を許可する

03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ケンシロウ

Author:ケンシロウ
気が付けば世間からは高齢者と言われる年齢になりましたが精力は衰えても性癖は薄れる事も無くまだまだ元気な爺さんのブログです。

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム

FC2カウンター

追加カウンター01

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
1141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
23位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

http://1947732.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム


B
A
C
K

T
O

T
O
P