FC2ブログ

1 Comments
平成29年6月18日 晴れ
今朝は7時から町内美化作業でした。毎年今の時期にある行事の一つです。
雨なら中止なんですが毎年雨が降って中止になるのは稀で今日も良く晴れた日曜日です。(苦笑)

今年は中々雨が降りません。水不足になってるところもあるようですが、一雨ほしいと思ってる人は多くいそうな天気です。今日は父の日です。何か良いことあるといいですねぇ~(笑)・・・多分期待外れに成るでしょう・・・(苦笑)



◆ 命令
「『奴隷』 にとって、『主』 の命令は絶対である。」とかなんとか言っても自分は奴隷とか愛奴とか呼ぶのは興味がありません。
お互いが楽しく過ごせる時間を共有できたらそれで満足です。(笑)
SMには主従関係があり多くの人達はそうした上下関係で楽しんでいます。

「奴隷」 が、「ペット」 になろうが 「家畜」 に変わろうが、その意味は変わりません。
SM において、一般的には主の命令は 「絶対」 だってことです。

二人の関係を、支配・被支配や加虐・被虐に限定せず、目上・目下(めした)のように 「立ち位置」 あるいは 「ポジション」 的な部分に、表現を単純化しているのが言葉の面白いところですが、重要なのは、二人の間には明らかに 「立ち位置」 に違いがあるということでしょう。

しかし、自分が相手にどれだけ真摯(しんし)に接していても、相手が自分に対して、必ずしも誠意を持って応えるとは限らないのです。「命令」 の意味と 「命令」 の重さ。それはその 「命令」 を受け止める人によって、さまざまです。

なので主は、その 「命令」 のひとつひとつに、「受け手」 がどう対応するのかを、じっくり観察しています。
自分に都合の悪い命令は無視してしまったり、自分勝手に解釈しなおしてしまうM女も居れば、簡単にできる命令は守るものの、難しい命令は諦(あきら)めてしまうM女も居て。何回もへこたれながらも、真摯に命令を守ろうと頑張る人もいます。

「受け手」 が自分のことを、どう捉(とら)えているのか。それは本人に言葉で確認しなくとも、命令に対する行動を見ているだけで十分解るのです。

「主」 は、「奴隷」 を気持ち良くするために、存在するのではありません。
本来であれば、自分にとって都合の良い 「責め」 ばかりを求める 「奴隷」 なんてのは有り得ません。何故なら、それでは本末転倒。「奴隷」 に対して 「主」 が 「奉仕」 しているようなものだからです。(苦笑)

しかし、それでも、「主の命令には絶対に応える」 くらいの 「真剣さ」 があるのであれば、それはまだ、「ご褒美」 と成り得るのです。
SM において、言葉は手綱(たづな)です。そして、言葉という手綱操作に対して、きちんと振舞えるよう、きちんと基本を仕込むのが 「躾(しつ)け」 であり、主に対する奉仕をはじめ 「芸事(げいごと)」 を仕込むのが 「調教」 だと思います。



DSCN4358.jpg
DSCN4353.jpg
DSCN4351.jpg
DSC08998.jpg
DSC08997.jpg
DSC08992.jpg

スポンサーサイト
[PR]

ケンシロウ
Posted byケンシロウ

Comments 1

There are no comments yet.
ちょこ  

主のご命令の意味を理解するのは、難しいですね。
上手く出来なかったときも、叱ってくださらないので、とても不安になります。
なので褒めてもらえたときは、本当に本当に嬉しいです!!

2017/06/18 (Sun) 20:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply