FC2ブログ


第199話 男と女

Category: SM  

平成29年4月14日 快晴
今日はあの忌まわしい地震の前震から1年になります。最近は解体や修理も進みブルーシートの屋根も少なくなりましたが、爪痕は未だ残っています。地震は前触れが無く逃げ場がないので物凄く怖い天災です。

広大な地面があれ程揺れ動くとは・・・物凄いパワーに言葉が見つかりません。
地震を経験するまでは、他所の出来事でまさか自分が経験するとは思っていませんでした。
何処の地域でも過去を探れば大きな地震が起きてるのです。

ですから、自分の所は少ないから安心はありません。可能性がどこでもあります。
あの日も起きる時まで普段と変わらない生活を過ごしていました。明日は我が身の可能性があるのですから怖いです。


◆ 男と女
男性は釣った魚にエサをやらない生き物と言われています。一度獲物を手に入れれば気持ちは冷めて、
また別の異性に向かう……。そんな生き物なのです。(笑)

どんなに自分が浮気をしても、彼女はずっとそばにいてくれると思えば、彼は安心して遊びに出かけます。
帰る場所があるからこそ、余裕を持って遊べる。男性にとって浮気は遊びやストレス発散の一種です。

男の殆どは浮気をした経験があるのです。(笑)これは男の本能のひとつなのです。
男の浮気はバレる事がおおいのですが何故だと思いますか??

男の場合、ずさんな行動や管理体制が悪い事があります。
例えば、携帯のメールチェックで嘘がバレたりデート現場を目撃されるのも圧倒的に男性の方が多いのです。

男と女の浮気の根本的な性質の違いに理由があり。 女性は交際中の彼氏や結婚している夫、旦那への 不満やストレスが溜まってくると、 精神的に不安定になり、優しい言葉をかけてくれる男性へとなびいてしまうところがあるのです。

女性は浮気に心の隙間を埋める精神的な満足感を求めており、 体の関係はあまり重要視してない場合もあるのですが、女性の浮気は本命からの乗り換え、 遊びから本気へと気持ちが変化しやすいのが特徴です。

これに対して男性は、 性的な欲求を満たすことが第一であり、本命の彼女や妻とは 違う遊び目的、体目当ての割り切った大人の関係として付き合っていて。 つまり男性は肉体的な願望を起点として行動が始まるので、 彼女や妻をキープしたまま、別の適当な女性と不貞を働く事が多い。 男性は彼女に安心すると浮気をし、 女性は彼氏に不安を感じると浮気をするというまったく正反対の心理に原因があるみたいです。



DSC05436.jpg
DSC05441.jpg
DSC05435.jpg

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


 2017_04_14

Comments

 

地震から一年ですね。
こちらでも先程、防災無線で黙祷を行いますと放送されていました。
一日も早い復興をお祈りいたしております。
地震列島ですからね、明日は我が身かもですね。
sorahiro  URL   2017-04-14 10:32  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017-04-14 22:00  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017-04-14 23:57  

 

こんばんは。

震災から一年たちましたね。
東北もそうですが まだまだ 復興には時間がかかりそうですね。
少しでもはやく 元の生活に戻れる様にお祈りしております。
空海  URL   2017-04-15 22:00  

 管理者にだけ表示を許可する

03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ケンシロウ

Author:ケンシロウ
気が付けば世間からは高齢者と言われる年齢になりましたが精力は衰えても性癖は薄れる事も無くまだまだ元気な爺さんのブログです。

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム

FC2カウンター

追加カウンター01

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
1137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
22位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

http://1947732.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム


B
A
C
K

T
O

T
O
P