FC2ブログ


第164話 スキル

Category: SM  

平成29年3月8日 曇り
最近寒さが戻って来ましたね。春は名のみの風の寒さや 谷のウグイス歌は思えど・・・
早春賦の一説ですが正に今の時期にぴったりですね。

今日当りほとんどの人にDVDが着きそうですが局留めの人は保管期限があるので注意してください。


◆ スキル
セックス時に「こうするといい!」というスキル指南書みたいなものは巷に溢れていますが、目で見ることと実践することは違います。実際そのギャップで『自分のセックススキルに自信が持てない…』という男性が多いのも事実です。

他人とスキルについて実践比較を行うことはできませんので当然といえば当然ですが、自分が好きな相手には満足して欲しいもの。そこで今回は女性が喜ぶセックスのいくつかのポイントを紹介していきますので、参考にしてくださいね。

*雰囲気で酔わせる
まず男性と女性では興奮のピークまで進むスピードが違います。男性は一次関数的、女性は二次関数的と言ってもよいでしょう。簡単に説明するならば女性は男性と比較すると性的な興奮をしにくい(スピードが遅い)ものなのです。ここからも分かるとおり男性の感性で女性を扱ってはいけません。女性の感性に男性が寄り添わなくてはいけないのです。

男性からすれば『一刻も早く!』と思いがちですが、急いては事を仕損じます。(笑)

*キスで高める
女性にとってキスはとても重要なです。
もちろん男性にとっても重要ですが、ある意味この部分で女性のスイッチを入れられるか、入れられないかは男性側にかかっていると言っても過言ではありません。キスをされることで女性の気分を高めることができ、さらにはセックスを行うモード(これからセックスをするんだぞという意識付け)にスイッチをいれることができます。

*言葉で落とす
セックス自体は行為ですが、その間に交わされるのはコミュニケーションです。つまりセックスを行う時に言葉は大きな影響を持っています。よくハウツー本には「こうするとよい」と様々な単語が並んでいますが、あまり鵜呑みにしてしまうのは効果的ではありません。どちらかといえばどれも直接的すぎてあまり良くないものが多いのです。相手を盛り上げたいのであれば「褒めること」を中心に言葉を選ぶとよいでしょう。

たとえば『かわいいね』『綺麗だね』『好きだよ』などがオススメですよ・・・自分は良く言います。(笑)

*ボディタッチでさらに高める
ここまできたら次はボディタッチです。
しかし、いきなり胸や性器周辺を触ってしまうのはナンセンスです。最初は腕や太ももなどから攻めていくと良いでしょう。そして、女性の気分が高まっていくのにあわせて、性感帯へと移動させていきます。実際腕や太ももなどを触れる際も指の腹部分で触れるのではなく、背側(爪の方)で下から上へ向かって進めていくとよいでしょう。これは女性の意識を逆手に取る意味合いがありますが、通常触れる方(腹部分)は意識できるものの、背側は一瞬で意識ができないため心の準備ができないのです。このギャップを活かして女性の変化を敏感に感じ取ってくださいね。


DSC03698.jpg
DSC03689.jpg
スポンサーサイト
[PR]


 2017_03_08

Comments

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017-03-08 14:58  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017-03-08 14:29  

 

日々精進ですね。
sorahiro  URL   2017-03-08 08:23  

 

おはようございます。
今朝も寒かったですね。
その割には 花粉は飛んでる気がします。。。

言葉などなど 日本人が不得意としている所ですね。。
自分もその一人かもしれません。。
気をつけないと。
空海  URL   2017-03-08 08:14  

 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ケンシロウ

Author:ケンシロウ
気が付けば世間からは高齢者と言われる年齢になりましたが精力は衰えても性癖は薄れる事も無くまだまだ元気な爺さんのブログです。

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム

FC2カウンター

追加カウンター01

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
978位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

http://1947732.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム


B
A
C
K

T
O

T
O
P