FC2ブログ

Archive2017年09月03日 1/1

第337話 寵愛

平成29年9月3日 晴れ3日ほど前から冷房も要らなくなり急に秋めいてきました。寝てても薄めの掛け布団が無いと寒いです。今日は物音ひとつしない静かな日曜日の朝です。あれ程うるさかった蝉の声が懐かしく思えます。秋風の 吹けども青し 栗の毬・・・今頃の俳句のひとつです。誰の句か分かりますか?(笑)◆  寵愛(ちょうあい)誰でも、人に嫌われるよりは好かれたほうが気分が良いでしょう。子供だって、「お前なんて生まれて...

  •  2
  •  0