FC2ブログ



◆高手後手しばり。その2
高手後手しばりはやってみると分かるのですがとても難しい縛りのひとつです。
後ろ手の手首の位置が丁度胸回りの縄を止める位置に近く縄の取り回しがやりにくいのです。

普通後ろ手しばりの場合は、まず手首をしばり胸回りに縄を持って行くのが普通なのですが、これだと高手に持って行くのが難しく縛られる側が高手の位置を保持してれば別ですが、重力の法則で手首は下へ下がります。

そこで、自分は手首を縛ったら肩へ持って行き首の前を斜めから脇の下へ、そして後ろ側から背中を回して反対側の脇から首前をクロスしながら肩から手首にいく縛りをします。これだと手首が下がりません。試してみてください。

高手後手は誰でも出来そうですが意外とできる人は多くはいません。まず太ってる人は出来ない人が多いです。
スレンダーな人でもダメな人もいます。肩付近の関節が柔軟な人でないと高手に縛ることはできません。

隣国中国の高手後手しばりは日本とは少し縛り方が違いますよね・・・個人的には縛り全体から見て日本的縛りのほうが断然上だと思います。文化や感性の違いからでしょう。。。

後手高手小手は近代的日本式緊縛術の最も中心となる縛りで、各緊縛師がそれぞれの工夫を凝らして、いろいろな独自の型を開発しているのです。したがって、共通した後手高手小手の縛り方手順は存在しないのが実情なのです。

この縛りは長時間縛ると肩甲骨周りが痛くなる人もいますから良く観察して早めに解いてあげましょう。
そして、手首を解くときは優しく手を添えてゆっくり下に下げてやる優しさも必要です。

皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

DSCN2725.jpg
IMG_2969.jpg
IMG_3417.jpg
IMG_3728.jpg
IMG_3750.jpg
IMG_3280.jpg
IMG_2927.jpg


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
 2016_11_09


平成28年11月9日  晴れ
昨夜の雨も上がり澄み切った青空の朝です。自分の朝の定番はNHKのおはよう日本を見ることで1日が始まります。
土日以外の女子アナは和久田麻由子アナです。自分が1番好きな女子アナでその姿を見るのが楽しみなのです。(^^♪

7時にはご飯に味噌汁、目玉焼き、納豆等が毎朝の定番で8時から始まる朝ドラも欠かすことはありません。
麻由子ちゃんはクオーターですが東大卒でスタイルも良く才色兼備ですよね。。。

天は二物を与えずと言うことわざがあります。【意味】 天は二物を与えずとは、天は一人の人間に、いくつもの長所や才能を与えてはくれないということ。 なんですが、当てはまらない人が多くいます。何とも羨ましい限りです。


◆高手後手しばり
亀甲縛りやM字開脚しばりなど誰もが知ってる縛りに”高手小手縛り”があります。
この縛りは高く手首を縛ることを言うのですが、小手は剣道で使われる「面」とか「小手」とか言いますよね・・・

小手は手首部分を言います。つまり手首を高く縛りあげるのが高手小手縛りなのです。
様々な縛り方があるが概ね次のような形です。
1 手が後で縛られる(後手)
2 二の腕が拘束される
3 胸縄が乳房の上部と下部にある(無い縛りもある)
4 胸縄の脱落防止のために閂(かんぬき)をする(無い縛りもある)

ごてたかてこて、うしろてたかてこて、うしろでたかてこて
高手後手、高手小手、後手縛り、たんに後手と呼ぶ場合もある。

後手:手が後ろにあること
高手:二の腕
    または「手を高く持ち上げる」という解釈もある
    この場合手首を肘よりも高い位置で固定した縛りを「高手小手」と呼び「後手」と区別する。
小手:手首。または手首から10~15cmの部位

良く「高手小手」と「高手後手」の区別が分からない時がありますよね。。。(笑)
両手を頭の上で吊られた姿が高手小手で画像のように縛られてるのが高手後手と僕は区別してます。

P1060735.jpg
DSCN3238.jpg
P1090015.jpg
DSCN4015.jpg
DSC00330(1).jpg
P1130075.jpg
DSC02072.jpg
DSC02918.jpg
DSC04402.jpg
DSC07817.jpg

 2016_11_09

10  « 2016_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

ケンシロウ

Author:ケンシロウ
気が付けば世間からは高齢者と言われる年齢になりましたが精力は衰えても性癖は薄れる事も無くまだまだ元気な爺さんのブログです。

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム

FC2カウンター

追加カウンター01

現在の閲覧者数:

検索フォーム

http://1947732.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム


B
A
C
K

T
O

T
O
P