FC2ブログ


第52話 ソフトSM

Category: SM  

◆ソフトSM
一昔前だったらSMプレイを楽しむカップルというのはごくわずかしかいませんでした。ほんとうはもっといたのかもしれませんが、それをおおっぴらに言えるような時代ではありませんでしたから。。。SM行為なんてのは変態行為であって、人に打ち明けようものなら白い目で見られるような背徳的な行為という認識でした。(笑)

それが今や、女性誌でソフトSMが紹介されるくらい一般的になってきています。本格的なハードSMであれば別ですが、ちょっと目隠しをしたり、手足を縛ってみたりといったソフトSMプレイであれば、もう今は特別な変態行為という時代ではありません。

世間一般のイメージはまだまだ変態かもしれないけど、実際のところどれくらいのカップルがSMプレイを行っているのでしょうか?

とある調べによるとSMプレイを取り入れたセックスをしたことがある、と答えたカップルは2割ほどだったそうです。これを多いとみるか少ないとみるか……。自分としては多いと感じました。なにせ、5人に1人はSMプレイをしたことがあるという結果なのですから。

それに、アンケートという性質上、嘘をついている人がいる可能性もあるのです。経験がないのにイエスと答える理由はイタズラ以外にありませんが、経験があるのに恥ずかしさから思わず嘘をついてノーと答えてしまった……という人は少なからずいることと思われます。

この調査も数年前のものですから2016年現在ではゆうに30%は超えているかも。。となると3人に1人になっている可能性も……?
このように、SMプレイというのは人口が増えるいっぽうになっています。要因としてはSMのイメージが暗くてアンダーグラウンドなものから、明るくカジュアルなものになりつつあるのが大きな要因でしょう。まだまだ世間一般では古臭いイメージにとらわれている人も多いですが、そんな中でも「ソフトSM」という言葉の響きはハードルを下げるのに十分なものでした。

SMプレイを始める入り口としてのソフトSMというのは非常に優れています。ですが、SMプレイの本質はソフトSMでは味わえないというのが正直なところです。なのでほんとうの意味でSMプレイを楽しんでいる人というのは限りなく少数派でしょう。それこそ数%程度しかいないものだと思われます。

女性にとっても、男性にとっても、本格的なハードSMというのはなかなか手を出しづらいものです。その上、自分で調べようとしないかぎりはなかなか情報を得ることが難しい閉ざされた世界であるのが現実です。

世の中には緊縛師という女性を縛ることで生計を立てているまさにSMのプロともいえる職業があります。だからといって風俗嬢のような水商売のカテゴリかといえばそうではありません。どちらかといえば書道家や陶芸家のような、芸術家として取り扱われています。

雰囲気もどこか儀式めいていて謎めいている印象を与えやすいのも敷居の高さに拍車をかけています。このように、緊縛やSM器具(ムチやロウソク)をつかった本格的な「まさにSM」といったハードSMというものは、まだまだアンダーグラウンドで閉鎖されたイメージが主であり、市民権を得るには至っていません。

ムチやロウソク、荒縄などのそれ専用の道具だったり、三角木馬やX字の磔(はりつけ)台が必要となるハードSMとは違い、ソフトSMはとても気軽に始められます。

それこそネクタイ1本あればそれだけで目隠しプレイもできますし、かるい拘束プレイもできてしまうのです。それに、ノーマルなセックスの中で自然の流れで取り入れることも可能です。

いまではAmazonや楽天などで気軽に、しかも格安でそういったソフトSMグッズを購入できることもあいまって、ソフトSMのほうは日本の一般的なセックス文化にすっかり定着したように思えます。

たとえソフトなSMであってもSMプレイはSMプレイです。本質や奥深さこそ違えど、肉体的なプレイと精神的なプレイを組み合わせることでよりセックスを楽しむ、という方向性は同じです。

ソフトSMをしているカップルのなかには「自分がSM行為をしている」という認識をしていないままプレイを楽しんでいる人もいるかもしれません。SMプレイをしている実感はなくとも、たしかにその先には本格的なSMプレイへの道が広がっているのです。

まずはソフトSMから始めて、それから本格的なSMに移行するというひとは大変多いです。というより、今ではほとんど全員がそういう流れだと思います。中には幼少期からハードSMに興味があり、成人するまで悶々とひたすら憧れと欲求をためてきていきなり本格的なSMデビューする人も居ますが、かなり稀なケースといえるでしょう。

また、先ほど緊縛師の芸術性について記述しましたが、日本と海外のSMというのは文化としてだいぶ違いがありますが、最も違うのがこの「縄」に対する意識ではないでしょうか?緊縛ひとつでここまで芸術性を高めているのは日本だけだと思われます、世界に誇れる文化だと胸を張れます。

芸術的に緊縛され、恍惚の表情を浮かべる女性の写真をみて、私も縛られてみたい、と思う女性は多くいます。
世間一般のSMに対するイメージというのはこの芸術的な側面をもつSMと、セックスのプレイとしてのSMというのが混在して伝わってしまっており、まだまだ理解度は低いというのが現状です。

ただし、セックスのプレイとしてのソフトSM行為というのは広く一般的になっているように思えます。あくまでも軽い目隠しであったり、ゆるい拘束であればもはやノーマルなプレイの一部に近いとも言えるかもしれません。

SM行為は変態なのか?と言われれば、まだ世間一般からしたら変態行為である、と言わざるをえない状況でしょう。

どうしても世間一般がイメージするSMプレイというのが、女性を縛ってムチでいじめている、という暗くて陰湿な、それでいて実に古臭いイメージのまま止まってしまっているからです。

ところが、いま実際に行われているSMプレイでこんなことをしている人はごく一部です。一般人レベルでいえばほぼ皆無といえるかもしれません。多くのSM愛好家というのはもっと明るくカジュアルにSMプレイを楽しんでいます。

どちらか一方に負担を強いるのではなく、あくまでもお互いに満足できるプレイのひとつとしてSMプレイを採用しているわけです。お互いが楽しめて幸せになれるのですから、それのどこに暗くて陰湿な雰囲気があるのでしょうか?

SM行為の本質であるところの精神的なつながりを深く感じられる、というのはやはりソフトSMよりもハードなSMのほうがより適しています。

そういった本格的なSMプレイは変態行為のひとつとして世間は認識することでしょう。なので、まだSMプレイをしたことがないパートナーに対して勧めたいのであれば、まずは必ずソフトSMからはじめてください。

いきなりハードなSMを勧めたとしても「そんな変態行為が好きだったの?」とこれまでの関係に亀裂が入ってしまう可能性もあります。事実、そういったことが不安でパートナーにSM嗜好を打ち明けられないで悩んでいる人は多いと思われます。

ソフトSMであれば受け入れてくれる可能性は高いですが、そこから本格的なSMにまで興味を持ってくれるかどうかというのはまた別の話です。やはりどうしてもSM嗜好をもつ人というのは少数派なのが現実です。
自分の興味あるプレイと共通した趣味をもつ人であれば、必ず良きパートナーとして長く付き合えることでしょう

DSC03728.jpg
DSC03707.jpg
DSC03702.jpg
DSC03691.jpg
DSCN6323.jpg
DSCN5891.jpg
DSC07777.jpg
DSC07773.jpg

model  HITOMI

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

 2016_11_08

第51話 調教

Category: SM  

平成28年11月8日 曇り
暦の上では冬ですが寒くなると暖かい鍋ものが欲しくなりますが、鍋ものは寒くないと美味しくないですよね。。。
自分が好きな鍋ものは”おでん”です。厚切りした大根、手羽先、豚の軟骨、天ぷら、サトイモ、スペアリブなどが
好物です。コンビニで売ってるおでんの大根はサイズが決まってるのを知っていますか???(笑)

径が6センチ×厚み3センチです。このサイズが食べ易く統一されています。
これから益々寒くなり鍋を囲むことが多くなりそうで体重増加が心配になります。(笑)


◆調教
調教と聞けば犬や馬の調教を想像しますが今や人間まで調教される「時代になりました。(笑)
いくらSMプレイに興味があり、またその方法や知識、グッズなどを持ち合わせていたとしても、プレイをする相手がいなければSMは始められません。

付き合っている彼女がいたり、もう結婚して妻がいる場合などは、どうしても「浮気」や「不倫」などのリスクある行動になってしまうのも確かです。

だからこそ、秘密の関係というスパイスが加わることで、深いSM行為を楽しめるのもまた事実なのですが……もしバレた時には離婚をつきつけられて、慰謝料請求されてしまうことも。そうならないためにも、いちばん手っ取り早くてノーリスクなのは、今いる彼女や妻をパートナーとしたSMプレイを始めることです。

もっとも、普段から一緒にいる相手とSMプレイをすることは、SM特有の非日常感を楽しめないのではないか?という心配をする人もいることでしょう。たしかに、SMだけのパートナーからは日常の生活感とは無縁で、非日常なSMプレイのみに集中できるメリットがあります。それでもやはりSM初心者であればまずは気心の知れた彼女や妻からはじめてみるのが、もっとも心理的な負担がない選択肢になることでしょう。

SMというのは愛情が深く関わってくる行為ですし、正式なパートナーとの愛をより深めることができる側面もあります。ましてや倦怠期のような、普段の生活にマンネリ感を覚えているようなカップルには、とてもいいカンフル剤ともなりえるのです。

普段から一緒にいる相手とのSMはより深く相手を知ることが出来るいいきっかけになりますし、これまで知らなかった一面をかいま見ることが出来るかもしれません。ノーマルなセックスでは自分本位になってしまいがちですが、SMプレイは相手のことをお互いによく知り合う必要があります。

SMプレイを通じて、あらためて相手はどんな性格なのか、一体どんなことが好きで、どんなことが苦手なのか。そういったことを再確認できるのが、恋人同士のSMプレイのなによりのメリットです。

恋人同士であればなにも緊張することはありませんよね。気心の知れた仲ですし、まだまだ不慣れなのですから「失敗したって当たり前!」という前提があるのは心強いです。

どんどんいろんなことを試すことが出来、お互いのレベルが上がりやすい利点もあります。例えば、縛り方ひとつにしても最初から手早く正確に縛れる人なんてのはまずいません。だれだって最初はヘタクソですし、手際も悪いどころか、そもそも形にすらならなかった、なんて結果すらあり得ます。

昔は、おしとやかで夫のことを陰で持ち上げて支える女性……それを大和撫子なんて称したりもしたものですが、今やそれとは正反対で気が強く自己主張の激しい女性も珍しくありません。そんな女性は、普段の性格とのギャップを見せつけたくないからなのか、Mっぽいプレイをされることを拒否することが多いです。

ただ、それはあくまで「気が強い性格」であって「SかMかの性癖」はやってみないとわからないものなんです。むしろそういう女性こそ、実はズブズブのドMだった……なんてのはよくある話です。

彼女がSM的なサド要素を自覚しているような女性だったとしても問題はありません。人は基本的に、SもMも両面を持ち合わせているものです。自分がどうしてもS男としてのプレイを軸にしてみたいなら、彼女がS女であってもゆっくりと時間をかけて開発することで、マゾプレイを楽しめる資質を開発することだって可能です。愛する彼氏や旦那のためなら、喜んでくれる事をしてあげたい、となんとも嬉しい気づかいを見せてくれる女性だっているかも・・・(笑)

より深く愛しあう関係になれれば、普段の夫婦生活もきっとうまくいくことでしょう。


SMは愛情を深め合う行為であると同時に、快楽を得られる性的なプレイでもあります。どちらか一方が、次第に性的な快楽のみが目的となってしまうこともままあることなのです。SMにのめり込むに連れて愛情を置き去りにしてしまい、性行為そのものに関心や情熱が向いてしまい、本来の目的であるパートナーとの関係性を壊してしまうようであれば本末転倒です。

せっかくパートナーがSMを受け入れてくれたのですから、そのようなことにならないよう自分が注意するのはもちろんのこと、相手が暴走してしまわないように気をつけることも大事です。

0f561974.jpg
P1020424.jpg
DSCN3549.jpg
P1020742.jpg
P1030282.jpg
P1030332.jpg
P1030405.jpg
DSCN1502.jpg
DSCN3982.jpg
DSC00244(1).jpg


 2016_11_08

10  « 2016_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

ケンシロウ

Author:ケンシロウ
気が付けば世間からは高齢者と言われる年齢になりましたが精力は衰えても性癖は薄れる事も無くまだまだ元気な爺さんのブログです。

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム

FC2カウンター

追加カウンター01

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
928位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
13位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

http://1947732.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム


B
A
C
K

T
O

T
O
P