FC2ブログ



平成29年4月29日 晴れ
今日から大型連休になります。今年は例年になく天気には恵まれそうです。
朝は5時には明るくなり、日没もだいぶ遅くなり7時前まで明るさがあります。

今日は昭和の日、我々戦後生まれの昭和世代も高齢化が進み周りを見れば年寄りばかりです。
自分たちの近くも空き家が目立ってきました。子供も少なく休みの今日も子供の声すら聞こえず静かな朝です。


◆ アピール
ちょっと変わった性癖というと、多くの人はSMを思い浮かべるんじゃないでしょうか? Sの人がMの人をいじめる、という。「いじめる」と「いじめられる」という行為に快感を覚えるなんて、ノーマルな性欲しか持たない人からすれば理解しがたいはずです。

言葉攻めにせよ、肉体的な苦痛にせよ、普通の感覚で言えば嫌なことでしかないでしょう。
SMとは、特別な感性が備わっているからなんだと思います。

本物のM性を持つ人は、誰でもいいからいじめてほしいとは思わないのです。
自分が絶対的存在と認めたSのパートナーに従うことに、この上ない心地良さを覚えるのです。

真性のMの人は、母親が厳格であったとか、生まれつきの性格が従順で大人しいとか、子どもの頃にいじめられた経験を持つなどという特徴があり、抑圧される状況にあって、本来は苦痛に感じるものを「気持ち良い」と感じることで、M性が目覚めたりします。

そして、MがSに裏返ることはあっても、SがMになることは少ないといいます。生粋のサディストは、生まれつきの揺るぎないS性を持っていて、死ぬまでサディストなのでしょう・・・

少し前に企画したDVDプレゼントのDVDを夫や妻、付き合ってる恋人に見てもらい自分の性癖の告白した人や、動画を見せてやってみたいことをアピールしたいと言う人が数人いました。(笑)

その願いが叶った人もいそうですが、ダメだった人も少なからずいます。何度も書いていますが、SMの性癖が芽生えてる人でないと、どんなにアピールしても受け入れてくれることはありません。

DSC07440.jpg
DSC07439.jpg
DSC07432.jpg
DSC06207.jpg
DSC06224.jpg
DSC06229.jpg

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
 2017_04_29

第213話 3P

Category: SM  

平成29年4月28日 晴れ
今朝は爽やかな晴れ間の見える朝です。少し肌寒いです。
いよいよ明日から大型連休に突入しますが何の予定もありません。(苦笑)
大体人混みが嫌いなので・・・余程のことが無い限り出かけません。



◆ 3P
3P(さんぴー)過去に数回3Pをしたことがあります。
結論は凄く疲れるプレイです。(笑)何故かと言うと一人で二人を相手しないといけないからです。

縛る時も素早く縛らないといけないし、解くときも早く解放しないといけなく疲れるのです。
普段のプレイでも疲れるのに2人だと疲れも2倍以上になります。

しかし、S嗜好の人なら1度位は経験してみたいプレイではないでしょうか?(笑)
M女性側のメリットは、初めて経験する人は二人だと安心感があることです。
でも、性癖を友人にも隠してる人がほとんどなので多くはいません。



DSC03381.jpg
DSC03395.jpg
DSC03374.jpg
DSC03389.jpg
DSC03397.jpg
DSC03402.jpg


 2017_04_28


平成29年4月27日 曇り
今朝は少しひんやりとした朝ですが心地良い感じです。雨も上がり晴れ間が見えてきました。
自分の毎日の日課は6時前に起きて顔を洗ってからTVをつけチャンネルはNHKの朝のニュースを見ます。
平日は大好きな「わくまゆ」こと和久田麻由子アナの爽やかな姿を見るのが朝の楽しみです。

大好きなゆえにパソコンの壁紙もわくまゆさんの微笑んだ画像にしていますが時々は好きな緊縛画像にするときも・・・
人によっては自分がプレゼントした緊縛画像を壁紙にしてる人もいます。(笑)

waku9.jpg


◆ 夫婦の性癖
最近いろんなブログを見ていたらSM好きな人達やノーマルな人が抱えてる悩みが書かれているのを目にします。
自分のブログを見てる人達も似たような悩みを抱えてる人はたくさんいそうです。


:主人の性癖(SM)に悩んでいます。
H(性生活)の不一致に関して、夫婦で色々話をしましたが、行き詰ってしまいました。
みなさんの意見で解決の糸口が見つかればと思い書き込みしました。
この文章は主人も見ており、文中の主人の気持ちは本人から聞いて書いています。
二人でみなさんの意見を聞き、共に考えたいと思っています。

夫婦共に40代で子供が二人(中学・小学:男)います。
主人はSMに興味があり、私はノーマル(どちらかと言えば潔癖)です。
家庭は円満で全く問題ありません・・・・H以外は・・・・。
近年はすっかりHレスで、最後のHは数ヶ月前です。

結婚時、主人はSM趣味の事を隠しており、結婚後に私が本を見つけてその事が発覚しました。
最初はとてもショックで、正直この事を知っていれば結婚はしなかったとさえ思いました。
主人は見つけられた事で、「もしかしたら夫婦でそういうプレイが出来るかも」と期待したようですが、実際はそうではありませんでした。
その時は嫌悪感を抱いたものの、お互いに愛しているという気持ちもあり、少しくらいならと、プレイに付き合いました。
私はノーマルなHでエクスタシーを感じる事は出来ます、また軽い縛り程度であれば少し感じることはできます。
しかし、主人の望みはもっと色々なポーズで私を縛りたいという事で、それには応えられませんでした。

その後、2回の出産と、子育てに追われる日々が続き、数年前から”数ヶ月毎のH”という状態になりました。
これに関して主人は不満に思っています。
私はこのペースでも、あまり問題とは思っていません。
子育てに手一杯でその余裕がないのと、子供がいる家の中でのHでは集中出来ない事もあります。
また、主人の趣味に対する嫌悪感みたいなのが心の底にあり、ノーマルなHも遠のいているという気持ちもあります。

主人の希望と私の心境を書くと、
主人は、緊縛をして愛撫をしたいそうです。
ムチやろうそくといった、痛いものは(相手が望まなければ)しないと言っています。
これに対し、私は”縛る”という、普通じゃない行為に違和感があり、痛い痛くないの問題ではありません。
もしこれが、知人の話であれば、世の中にはそういう人もいるなと認める事はできますが、自分の夫となると・・・・。
私の許容範囲は手を軽く縛るのと、目隠しくらいなら大丈夫だと思います。
また、ノーマルなHについても、色々積極的な主人とワンパターンでも満足している私という感じで、差があります。

ここまでが置かれている状況で、問題はここからです。
主人は子供がある程度まで大きくなっても、HやSMについてその気にならない私にストレスを感じています。
もしこのままであれば、SMクラブ(H無し)に行きたいとも言っています。
(風俗でのHよりもそちらの方が私への罪悪感が少ないと言っています)

クラブではHはしないらしいですが、そこまでしたら私は離婚も考えると思います、少なくとも主人とHはしたいとは思わなくなります。
かといって、主人の望むプレイにも耐えられそうにありません。

主人は、このままでは前にも後ろにも進めないと言っていますが、私もどうしたらいいか・・・。
”私のわがまま”という気持ちも少しはあるし・・・。

みなさんのご意見をお聞かせ下さい、よろしくお願いいたします。


今回の書き込みは男性がSMの性癖がありますが、逆に女性がSMに目覚めて悩んでいる人も多くいます。
ノーマルな人達には絶対に理解してもらえない性癖です。いくら話し合っても歩み寄るのは難しいです。

ですから、家族に分からないように隠して楽しむしか方法がありません。
夫婦でSMを楽しんでる人は、ごくごく一部の人です。夫婦だからなんでもOKはありえないのです。

個人てきには、SMの性癖のご主人の気持ち可哀そうだと思うほどすごく分かります。
書き込みを読んだ人も同じ意見の人は多くいそうです。

DSC07303.jpg
DSC07305.jpg
DSC07299.jpg
DSC07293.jpg


 2017_04_27


平成29年4月26日 雨
今日は雨模様の朝です。大型連休も目の前に迫ってきました。自分は今の季節が1年の内では1番好きです。
寒くもないし、暑くも無く過ごしやすいからです。しかし、春夏秋冬四季があるからその季節にあった美味しい食べ物があったり美しい自然が見られる訳で生きてる幸せを感じることができます。



◆ 性癖の謎
最近では、「Sっぽい」「Mっぽい」と、他人をカテゴライズする表現も日常会話で聞かれるようになってきました。
一昔前はSMというと、限られた人たちだけが楽しむ、閉鎖された秘密の世界でしたが、今はベッドの中で可愛い手錠やローターなどを使うことは珍しくありません。今日のテーマはSの人は何故責めるのが好きなんでしょうか??(笑)

ただ、にわかSMではなく、真正のサディスト、マゾヒストはちゃんと存在するわけで。
愛する人をいじめて「気持ち良い」と感じたり、逆に「いじめられるのが心地良い」と快感を覚えたりする人たちも存在します。
日常生活では、虐めることも虐められることもイヤな行為ですし、嫌悪感しかないのですが、Sの人はなぜ責めることで快楽を得るんでしょうか?

Sの性癖を持つかどうかについては、幼少期の頃の出来事が影響してる人が結構います。
Sを自称する人が10人いたら、10パターンの根拠があるでしょう。
けれど、生まれつき備わった感覚であることは間違いないといえますから才能のひとつです。

また、自分の中に眠るサディスティックな感覚に目覚めるきっかけは、些細なことが多いようです。
男性であれば、中高生時代に読んだ『SM雑誌』や、興味本位で見たSMのアダルトビデオで開花するケースが多いです。

SMの性癖の無い人からしたら、「Sの人はどうして責めたがるのか?」と言う疑問もありそうです。
ですが……真正サディストからすれば、「ただ責めてるわけじゃない。ちゃんとした愛情表現」と答えるはずです。
傍から見れば、一方的にいじめているヒドイ人なんですが、本人はヒドイことをしている自覚はなく、責めはあくまで最高の愛情表現なんですよね。

そうした感覚はSMの世界に足を踏み入れて、サディストとしての愛し方を深めていった人が到達するものです。
SMを極めている人はそれなりの年数や経験が必要です。「サディストのSは、サービスのS。自分はM女の望むことをしてあげてるだけ、Sの人って、やりたい放題して一方的にいじめているように見えますが、実は違うんです。

そして、真正サディストの人は、本当のMの人としかSMプレイをしません。SMの感覚がまったくない人はSM行為そのものを受け入れてもくれませんし、楽しくもありません。

普通の人からしたら、SMの世界がとても難解に感じますが、その理由は「虐め・虐められ」というプレイが、見た目とは裏腹に深い精神の交わりだからなんです。ただ責めればいいというわけではなく、M側の好みや限界値までを把握した上で「愛している」のです。

普通の人から見たら理解しがたい感覚ですが、それも一つの愛のカタチ。性癖がうまくマッチングするパートナーが見つかれば、自分たちにしか味わえない深い快楽が楽しめるのです。



IMG_1694.jpg
IMG_1715.jpg
IMG_1762.jpg
IMG_1765.jpg

 2017_04_26


平成29年4月25日 晴れ
4月も後半になり過ごしやすい毎日です。今の時期は若葉がとってもきれいです。
吹く風も心地良く何か元気になれそうな気がします。人も元気なら雑草もすこぶる元気で目立ってきて
一昨日は庭の草取りをしたので見た目はスッキリ見えますが暫くは雑草との格闘が続きます。

最近地元では大きな会社から顧問就任の誘いがありました。まぁ~暇なので(笑)
月に数度顔を出すだけで結構な報酬が貰えるので元気な内は受けようかと思っています。



◆ 上には上が
自らをMと自覚している女性はたくさんいますが、そんな自称M女ですら驚いてしまう超ドMな女性も、
世の中には意外とたくさんいるのです。

「自称M女がこの子には敵わないと思った『真性M女』の生態」をご紹介します。

【1】窒息しそうな感覚がエクスタシーとなる「首絞め」を好む
苦しいと気持ちいいが一緒になって余計に興奮するらしく。理解できない」というように、首絞めを好むドM女子は意外と多いとの声も。ただし、ともすれば彼女の生命の危険にも関わることなので、もし真性M女から「首を絞めてほしい」とお願いされても断った方がいいかもしれません。殺人罪になりかねませんから・・・

【2】自由が奪われるほど発情する「目隠し&手首拘束」を好む
「プレイ用アイマスクとマイ手錠を持ってる友達がいてさすがに引いた」というように、視覚や肉体を制限されないとセックスを楽しめないというドM女子もいるのです。もし真性M女に「思いっきりきつく縛ってほしい」などとお願いされたらSの人は嬉しいですよね・・・(笑)

【3】失神するほど何回もする「耐久セックス」を好む
体力の限界まで自分をいじめることが快楽となる真性ドM女もけつこういます。

【4】赤く腫れるほどの刺激がたまらない「スパンキング」を好む
「ちょっと叩かれるくらいならいいけど痛いのはヤダ。でもドMは音が高く鳴るほど気持ちいいみたいです。お尻が腫れてお風呂に入れなくなるほど叩かれたいという強者M女もいるようです。叩かれて「イヤ!」「痛い!」などと言いつつも実はもっとハードな痛みを求めている真正M女もいるのです。

【5】痛さと快感が紙一重な「乳首噛み」を好む
つままれるのが限界ではなく、激痛じゃないと気持ちよくないって言うドMもいます。
乳首は歯を立てられないと感じないというM女も・・・

【6】犯されるという非日常に興奮する「レ●ププレイ」を好む
「彼氏に『連続強●魔』役をやってもらって、かなりリアルに暴行されるのを再現するドMいるように、役まで決めてレ●プ劇を演じるM女もいるようです。

【7】ありのままの性器が晒されて羞恥心MAXな「剃毛プレイ」を好む
「四つん這いでもM字開脚でも、パイパン状態のアソコやアナルを見られるのが興奮する人
剃毛プレイは露出癖が強いM女が好む傾向です。女性から「アソコの毛を剃って」とお願いされた場合は、普通のカミソリでは女性器に傷をつけてしまう可能性もあるので、アンダーヘア専用シェーバーを使用するようにしましょう。(笑)

【8】喉が苦しくても彼のモノを奥まで受け入れる「ディープ・スロート」を好む
頭を押さえつけられて、えずくくらいじゃないとフェラをした気にならないとか
ドM女子はフェラ一つにしても激しく行いたいと思うようです。「涙が出ても続けてほしい」「嘔吐してもかまわない」という考えを持つ真正M女もいますので、心を鬼にして頭を押さえつけてあげるのも愛情表現の一種となるのです。

世の中にM女はたくさんいるのですが、「上には上がいる」ということです。(笑)


DSC06072.jpg
DSC06074.jpg
DSC06066.jpg
DSC04724.jpg
DSC04728.jpg
DSC04739.jpg
P1040281.jpg
P1040289.jpg
P1040291.jpg
P1040293.jpg
P1070533.jpg
P1070537.jpg



 2017_04_25

03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ケンシロウ

Author:ケンシロウ
気が付けば世間からは高齢者と言われる年齢になりましたが精力は衰えても性癖は薄れる事も無くまだまだ元気な爺さんのブログです。

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム

FC2カウンター

追加カウンター01

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
951位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

http://1947732.blog.fc2.com/

ブロとも申請フォーム


B
A
C
K

T
O

T
O
P